横方向(列単位)への並び替えの方法

先日こんなつぶやきを見かけました。

マジで?

この作業をするときは、縦方向に並び替えてから行列を入れ替えて貼り付けたりしてますよ。

早速調べてみました。

オプションで横方向に設定変更

縦方向(行単位)の場合はこんな感じです。 f:id:ExcelLover:20180825124331j:plain

同じ資料を横方向にした場合はこんな感じです。
f:id:ExcelLover:20180825124221j:plain

早速実際に並び替えてみます。

まず並び替えたい範囲を選択します。
f:id:ExcelLover:20180825124358j:plain

ヘッダー部分は選ばないようにしてください。(※氏名・得点部分)

「データ」タブから「並び替え」を選択
f:id:ExcelLover:20180825124437j:plain

「オプション」を選択
f:id:ExcelLover:20180825124456j:plain

「列単位」を選択
f:id:ExcelLover:20180825124511j:plain

並び替えのキー・条件を選択
f:id:ExcelLover:20180825124523j:plain
オプションで「列単位」を選択すると、右上の「先頭行をデータの見出しとして使用する」がグレーアウトになるため、最初の並び替え範囲を選択する際にヘッダー部分を選ばないようにしています。

まとめ

頻度の高い作業ではないかもしれませんが、この機能を使わずに並び替えようと思うと3手間ぐらいかかりますので、頭の片隅に置いておくと良いですね。

並び替えというとっても基礎的な操作でもこんな発見があるなんて、Excelは奥深くて楽しいです。