空白の消し方

本日のご質問。 vlookup関数でちゃんと入力しているつもりなんだけど答えが正しく表示されません。

Vlookupが上手くいかない

f:id:ExcelLover:20171018215740j:plain
これは結論から言うと、参照するデータのコードの後ろに余白が入力されているため一致しなかったんですね。
別のシステムから出力されたデータをコピー&ペーストするとこういうことがあったりします。

ではどうすればVlookupで正しく答えが算出できるか

・Vlookupの引数にも余白を入力する
・参照するデータから余白を削除する

1つ目の方法でももちろん正しく答えが表示されますが、余白をいくつ入れればいいか毎回悩まないといけないので、2つ目の方法を使うほうが良いでしょう。

空白の消し方

空白の消し方と言ってもどうやればいいでしょうか?
ここでも2つの方法を紹介します。

・「置換」機能で空白を置き換える。
・関数で余分な空白を取り除く。

まずは置換で試してみます。

f:id:ExcelLover:20171018215906j:plain
空白を置き換えたいセルを選択して

Ctrl + H(コントロールキーを押しながらH)で置換機能を呼び出し

検索する文字列に今回の場合は「半角のスペース」を1つ入力。
置き換え後の文字列には何も入力せずそのまま。
「すべて置換」をクリック

これで全ての余白が無くなりました。

f:id:ExcelLover:20171018215959j:plain
しかしマスターデータを見てみると コードの前についていた「0」が全て消えています

場合によっては特に問題がないのかもしれませんが、あまりいい状態ではありません。

関数で空白を消す

次に関数で空白を取り除く方法を試してみます。
この目的で使えそうな関数は
・TRIM
・SUBSTITUTE
・REPLACE
などが考えられます。

今回は 「TRIM」 を関数を使ってみます。

TRIM 関数
各単語間のスペースは 1 つ残し、不要なスペースをすべて削除します。 TRIM 関数は、他のアプリケーションから読み込んだテキストに不要なスペースが含まれているときなどに使用します。

f:id:ExcelLover:20171018220049j:plain
一旦マスターテーブルの横の列で計算します。
引数に空白を削除したいセルを選択します。

この状態では空白が削除されているかわかりにくいし、
マスターテーブルの値が何も変わっていません。

f:id:ExcelLover:20171018220140j:plain
計算結果をコピーしてマスターテーブルに 値で貼り付け をします。

f:id:ExcelLover:20171018220158j:plain
これでvlookupが正しく動くようになりました。

外部システムから出力されたデータを再利用する時は、色々と書式の設定が必要になることが多いです。
色々な編集手段を持っていると効率的に変換ができるようになります。